気になるインプラント治療費を大公開!

インプラント治療に興味があるならすぐ確認を!

気になる保険の話

病院やクリニックなどで病気やけがの治療をすれば、働いている人でしたら3割負担で保険が治療費をカバーしてくれるのですが、美容手術や歯列矯正などいわゆる自分の容姿をきれいに魅せるための治療に関しては保険は適用されないことが多いのです。
だとしたら、インプラント治療はどのような扱いになるのでしょうか?
非常に高いインプラント治療は保険適応外になってしまうと治療費の経済的負担が肩にのしかかってくることは間違いないです。
保険が適用されないからインプラント治療は断念しないといけないのと途方に暮れている人に朗報です。
2012年4月からインプラント治療が保険適用になりました。
今までは保険適用ではなかったのですが、ようやくインプラント治療も保険適用になってくれたのでこれを機会に一気にインプラントの治療に挑戦してみようと踏み切る人が増えてくるのではないかな?
しかしここで気を付けておかないといけないことがあります。
その一番大事な基準というのが、「病院」であることです。
歯科クリニックだって病院ではないか?
という意見もありますが、ここで言う「病院」の概念は、病床(ベッド)数20床以上の入院施設(病棟)を持つものを病院として定めているのです。
つまり街の中にある歯科クリニックや小さなデンタルクリニックは病院ではなく診療所ですので、病院には当てはまらないわけなのです。
そして保険の話に戻りますが、どのようなケースにインプラント治療は保険に適用されるのかと言いますと、いわゆる一般の歯医者さんではどうにもならない治療レベルに達しているケースに当てはまります。
具体的に言いますと腫瘍、顎骨骨髄炎、外傷等により、広範囲な顎骨欠損、または歯槽骨欠損症例によるインプラント治療が保険適用になるのです。
このような症状を長い間抱えていた患者さんにとっては今回のインプラント保険適用に関しては非常に嬉しい朗報かもしれないですね!これを機会に健康な歯に戻してみませんか?